脱毛できない人

これから脱毛をはじめようと言う方で以下の内容に該当する方は、脱毛できない場合があります。つまり、サロン側から拒否される可能性があると言う事です。

 

日焼けをしている場合

日焼けをしていると、脱毛できない場合があります。なぜなら、脱毛は光を照射して行うもので、その光は毛などの黒いメラニン色素に反応するようになっているからです。ですから、日焼けした黒いお肌だと、毛根に反応する前にお肌に反応してやけどなどの肌トラブルを起こす可能性があるからです。ですから、これから全身脱毛をはじめようと言う方は日焼けには十分注意するようしてください。

 

妊娠中の場合

妊娠中の場合も脱毛はできません。妊娠しているからと言って直接胎児に影響がある訳では無いのですが、妊娠中のお肌はホルモンの影響で非常にデリケートになっています。ですから、おなかの赤ちゃんに影響はなくても、自身のお肌に影響があると言う事なのです。痛みを強く感じたり、肌トラブルを起こしやすくなっていたりとさまざまなのですが、妊娠中の脱毛は、サロン側からほとんどの場合断られるでしょう。

 

生理中の場合

生理痛の場合全身脱毛ができないと言う事はないのですが、妊娠中と同様にホルモンバランスが乱れているので、サロン側としてはお断りする場合があります。仮に施術できたとしても、「VIO脱毛」はほとんどのサロンでお断りされます。ですので、基本的には生理中の施術はしない方が良いのです。ホルモンの影響でダメージを受けやすい肌質になっている可能性も十分にあるので注意が必要です。

 

持病等で薬を服用中の場合

持病で薬を服用中の場合も脱毛できない場合があります。ですから、持病がある場合は必ず無料カウンセリング時に確認するようにしてください。それから、かかりつけの医師にも脱毛をしても良いか事前に確認しておくことをおすすめします。医師の同意書などを予めもらっておくと話が早いです。

 

タトゥーが入っている場合

タトゥー・アートメイク・ホクロなどの部分は基本的に施術は行えません。なぜなら、光が黒いものに反応してやけどの危険性があるからです。ホクロなどは、保護シールなどで隠して施術を行う事は可能ですが、あまりに広範囲のタトゥーが入っている場合は、お断りされるばあいもあります。小規模のタトゥーやアートメイクでしたら、サロンにもよりますが保護シールでの対応で施術は可能になる事もあります。詳しくは無料カウンセリングで確認するようにしましょう。