剃刀での自己処理でお肌が真っ黒に

色素沈着と言う言葉をご存知でしょうか?いわゆるお肌の黒ずみの事です。

 

女性ならあたりまえのようにムダ毛の処理をしますよね。問題はその処理方法なのです。脱毛サロンで処理をしている人は全く問題ないのですが、一番問題なのは「剃刀」を使用したムダ毛の「自己処理」なのです。

 

剃刀で剃毛した後お肌がかゆくなったり、赤くなったりしたことありませんか?そしてしばらくすると、白く粉をふいた様になっていませんか?この白い粉のようなものは角質が剥がれたものなのです。

 

お肌の角質は、バリアー的存在で空気中の雑菌や紫外線からお肌を守っているのです。しかし、剃刀でムダ毛処理をする事で、バリアーが剥がれ落ちて大切なお肌を守れなくなってしまうのです。

 

その他、稀に手を滑らせて傷つけてしまう事ってありますよね。出血する事もあると思います。

 

このように、お肌を傷つけて、お肌が自分で守ろうとすることで、毛が濃くなったりメラニン色素が増えてお肌が黒ずんでしまうのです。ですから、剃刀を使用したムダ毛処理は本来はするべきではないのです。

 

お金もかからないし手軽にできるので多くの方がこの方法でムダ毛を処理していますが、お肌が黒ずむ事は避けれないのが現実です。将来の事を考えると、自己処理はやめて、サロンでの全身脱毛をはじめる方が良いのではないでしょうか。